花粉症、流れる鼻水は何の水?

query_builder 2022/03/01
ブログ
kafun_kusyami

花粉症の不調は、鼻水・鼻づまり・副鼻腔炎に

目の痛みなど、様々なものがあります。



最も多い訴えは

「鼻水が流れ出る(透明な鼻水が多量に)」ではないでしょうか。


流れ出る鼻水は、いったい何の水なのでしょう。


それは、あなたが消化により飲食物から抽出した


今後血液になる、今後体液になる、大切な水分」なのです。


それが逆流し、鼻から流れ落ちています。


「少しの間の不調だから、鼻水が流れ出ても気にしない。我慢する」


というのは、身体にとって悪いことなのです。




流れるままにすれば、身体は衰え、体調不良が今後続くことが予想されるからです(肌の潤いが失われ、機 能低下・老化のスピードが早まる/陰虚の進行)。




鼻水が流れ続けるときは、漢方薬・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)をお使いください。


温湯で服用し「短時間 で鼻水を止める」という良い結果を待ってください。


服用により眠気に襲われることも、まずないでしょう。



人間も漢方薬も、それぞれ得意不得意があります。

小青竜湯は身体を温める薬で、「透明な鼻水が止まらない」ときに良いものです。

鼻水の黄色が濃くなったり、強い鼻づまりに移行したら、対応薬を変えなければなりません。


鼻づまり(黄色い少量の鼻水も)は、肺の炎症状態から起こりますので、セッコウ(石膏)を配合 した漢方薬を用いたいもの。


また、花の香りを包み込むモクレンなどのツボミ《生薬名・シンイ(辛夷)》を配合した漢方薬も良いものです。


漢方薬・辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)を用いたり、漢方薬・麻杏甘石湯 (まきょうかんせきとう)を薄荷、ミントなどのハーブティーで服用する方法も良いでしょう。



副鼻腔炎や蓄膿症でしたら、まず鼻に残る膿状のものを動かし排除するため、キキョウ(桔梗)が配合され る漢方薬・排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)の使用を考えます。


場合によっては、漢方薬・越婢加朮湯 (えっぴかじゅつとう)を用いることもあります。



花粉飛散の刺激を目に受けて、

「眼球の膨張感、強い痛み」などの不調を訴えるかたもあります。


炎症状態を抑えるクールダウン薬(黄連解毒湯など)を用いながら、花粉症の逆流や身体上部の炎症の原因となる 「肝の高ぶり(春に高揚しやすい)」を抑えるための抗ストレス薬(四逆散類、加味逍遙散なども)を併用すると良いでしょう。




さまざまな漢方薬を使い分けすることで、花粉症の苦しみを緩和したいと思います。


花粉症に苦しむかたは、 30年程前までは薬局・薬店を訪ねて治療するかたが多くありました。お勧めする漢方薬も、よく効いてくれま した。

春の不調に、泣きだしたいほど苦しんでいるかたがいらっしゃいます。

その方々に心の痛みを、自らの 痛みとして感じ、患者様に寄り添った治療を進めたいと思います。



一心堂薬局HP  https://www.isshindo.jp/index.php   漢方について・食養生についてなどの情報を YouTubeやLINEでも配信しておりますので、 ぜひご登録よろしくお願い致します             https://www.isshindo.jp/archives/1363/

NEW

  • 【漢方通信12月号】今年最後の頑張りを!(頭脳疲労・蓄積疲労に負けないために)

    query_builder 2022/12/01
  • レジリエンス~回復するための心~

    query_builder 2022/11/21
  • 【症例紹介】無月経

    query_builder 2022/11/12
  • 渡邉先生がラジオ出演決定!

    query_builder 2022/11/09
  • 【漢方通信11月号】寒暖差疲労

    query_builder 2022/11/02

CATEGORY

ARCHIVE