漢方通信4月号(こころの不安感を消して行く漢方)不安症・パニック障害等

query_builder 2022/04/01
ブログ
不安

3月16日の夜、宮城県と福島県で震度6強の揺れを観測する地震がありました

2県に加え東北・北陸・関東も大きく揺れ、広範囲に被害を与えています

該当地域のみなさまに、こころよりお見舞い申し上げます。亡くなったかたもあり、取返しのつかない状況を苦しく思います。

今後の余震も予想されます。私どもをそう心がけますが
当面注意しながら生活を続けていただきたいと願います


地震・戦争など人を大きく傷つける事柄は

早くこの世から消えて欲しいと、祈る気持ちでおります 



暮らしのなか、コントロール出来ないほど「不安(不安感)」
が大きくふくらんでしまうことがあります

日常生活に支障を来し

診断を受ければ「不安神経症、不安障害、パニック障害」
などの病名が告げられれば、未来の輝きが見えなくなってしまったようで
不安はさらに増してしまうでしょう

他者との接触を避け、一定の環境に引きこもってしまうこともあります

「大丈夫だよ」と、優しく強く支えてくれるひとがあれば

ひとは落ち着くものでしょうが、また襲い来た地震が切っかけで

そうなったしまうことがあるのではと心配しています 


不安が制御出来ない程大きく育ってしまったら
生活習慣をふり返り、いまから申し上げることにご注意ください



夜ふかしをしていませんか

そうであれば早寝・早起きの暮らしに修正してください

目を酷使していませんか

スマホやPCはおおよその使用時間を決めて用いてください
暗い所でのスマホ使用は目に大きな負担を与えるので、お止めください(せめて明るい場所でお使いください

そして、春の風景・花などを楽しみながら一定時間散歩をしてください



これら3つの生活養生が、あなたの心から不安をなくす方法です



「早寝・早起き」「目の酷使をしない」「散歩をする(ゆるやかに身体を動かす)」は、不安を払う機能を持つ肝の負担を減らす生活習慣です

(漢方的な見かたです。ここで言うは、肝臓と同じではありません)

それが、こころの不安を減らしてくれます

決して忘れず、実行してください

一度に出来なければ、徐々に改善してください



漢方を学んだかたには

「肝は疏泄(そせつ)を主る・肝蔵血(かんぞうけつ)・肝は目に開竅(かいきょう)」の説明で、分かっていただけると思います



不安の漢方治療は、こころを守る安神薬(サンソウニン、ハクシニン、オンジなど)に、肝機能を守る補陰薬(トウキ、ジオウ)を加えて用います



漢方薬では天王補心丸(てんおうほしんがん)を基本にしてください

状況によって、黄連解毒湯などクールダウン薬や、漢方の抗ストレス薬を併用します

極端に元気がないと感じるかたには、安神薬+補陰薬の基本組成に
元気薬のニンジンを加えた漢方薬・加味帰脾湯(かみきひとう)などを1~3ヶ月服用するのが良いでしょう



自分で症状や体質に合った漢方薬を選ぶのが難しい方、 体質改善や自然治癒力の向上といった 日頃の健康維持目的で取り入れたい方など ぜひ一度ご相談くださいませ。 (英語・中国語・フランス語にも対応しており、海外からのご相談も数多く頂いております。)

一心堂薬局HP  https://www.isshindo.jp/index.php   漢方について・食養生についてなどの情報を YouTubeやLINEでも配信しておりますので、 ぜひご登録よろしくお願い致します。



        https://www.isshindo.jp/archives/1363/

NEW

  • 【漢方通信12月号】今年最後の頑張りを!(頭脳疲労・蓄積疲労に負けないために)

    query_builder 2022/12/01
  • レジリエンス~回復するための心~

    query_builder 2022/11/21
  • 【症例紹介】無月経

    query_builder 2022/11/12
  • 渡邉先生がラジオ出演決定!

    query_builder 2022/11/09
  • 【漢方通信11月号】寒暖差疲労

    query_builder 2022/11/02

CATEGORY

ARCHIVE