漢方通信7月号【熱バテでも使用する漢方は変わる!? 症状別使い分け】

query_builder 2022/07/02
ブログ
2102676


今年は6月下旬には後の酷暑を予感させる

夏日が続き「あと2ヶ月以上、暑さに悩まされるのか…」

と、困った気持ちになります



夏はひとの元気を奪い、毎日がつらくなります

そんなときには、ニンジン配合の漢方薬が

不調から救ってくれます


服薬すれば早期に、身体と心が軽くなる感じがします

ニンジン配合の漢方薬は、じつに数多くあります


夏の間、食欲低下が著しければ

六君子湯(りっくんしとう)が良いでしょう


元気薬のニンジンに胃内で停滞気味の

飲食物を消化するハンゲが配合されています


食欲の低下をほとんど感じなければ

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)が良いでしょう


元気だけでなく、汗で失われた体液の補充にも役立ちます



疲れに加え呼吸が浅くなっているのなら

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)が良いでしょう


肺に働く元気薬オウギが配合され

呼吸の乱れを鎮めてくれます



暑さから眠りのリズムが乱れがちなら

人参養栄湯(にんじんようえいとう)が良いでしょう


安眠薬(安神薬)のオンジが、配合されています

ニンジンで元気を補いつつ

身体の熱感を抑えるゴオウ(牛黄)を加味した

人参牛黄カプセルなどの製剤も暑い夏に役立つでしょう

それらニンジン配合薬をお湯で服用し

夏バテ対策としてください



漢方薬の業界では、15年ほど前から

「生脈散(しょうみゃくさん)が、熱中症予防に良い」

と言われています


熱中症は、体温上昇で起きる不快症状のことです

熱による疲労感や、熱けいれん・熱失神など

命を奪いかねない重い症状もあります


熱中症は、漢方的理解では

『身体を消耗させる発汗が続き、急激に体調悪化する

(判断力も低下)』と言えます



漢方薬・生脈散の配合生薬は3種で

失われた体液をバクモンドウが補い

汗とともに失われた元気をニンジンが補い

発汗過多が続かないよう酸味の強いゴミシが調整します


生脈散には、服用のこつがあります

発汗したとき、すぐに服薬するのが

熱中症から身を守る工夫です


喪失物をすぐに補充するのが、身体のため最良の方法です

帰宅後の服薬では、熱症状などが加わり

体調回復に時間がかかってしまいます


暑い場所に出かける場合

業務・スポーツ・ハイキングなど

お手数ですが薬を持参いただき

発汗があったときはすぐに服薬し

熱中症防止にお役立てください



中医師(中国の漢方専門医)に訊けばペットボトル500ml

に水を満たし2~3包の生脈散(医薬品)を溶かし持参

汗を感じたらすぐ容器を振って

水を飲む方法が良いと伝えられました


夏は涼しい場所での休息を心がけながら

漢方薬を身体と心の供としながら

どうか健康でお過ごしください



漢方について・食養生についてなどの情報を

YouTubeやLINEでも配信しておりますので

ぜひご登録よろしくお願い致します。



       

https://www.isshindo.jp/arch





NEW

  • 【漢方通信12月号】今年最後の頑張りを!(頭脳疲労・蓄積疲労に負けないために)

    query_builder 2022/12/01
  • レジリエンス~回復するための心~

    query_builder 2022/11/21
  • 【症例紹介】無月経

    query_builder 2022/11/12
  • 渡邉先生がラジオ出演決定!

    query_builder 2022/11/09
  • 【漢方通信11月号】寒暖差疲労

    query_builder 2022/11/02

CATEGORY

ARCHIVE