【七夕】毎年晴れない理由

query_builder 2022/07/05
ブログ
24142255_s

商店街や駅前で短冊を飾った笹をみかけるようになりました

皆さん、どんな願い事をしているのか

つい立ち止まって見てしまいます

もうすぐ七夕ですね


七夕は五節句の中の1つです

前回は端午の節句を紹介しました


毎年、七夕の夜は雲でどんより

「今年も織姫と彦星は会えなかった」

そう思われる方も多いはず


今回は七夕の由来をまじえて、なぜ七夕の日は毎年晴れない

のか解説します


【七夕の由来】


中国の乞巧奠(きっこうでん)という祭事が起源となり

奈良時代に日本に伝わりました


7/7に織物等の裁縫技術が向上するよう祈りを捧げていました


日本では棚機つ女(たなばたつめ)という信仰があり

巫女が織物を織って神様にお供えをして五穀豊穣を祈り

ました


乞巧奠と棚機つ女が交じり合い現在の七夕へとなった

といわれています


【旧暦】


以前は旧暦の7/7におこなわれていました

現在の暦とは異なります


現在の暦の7/7付近は梅雨前線が停滞している時期

で曇ることが多いのは仕方がないことです


旧暦の7/7は現在(2022年)の暦では8月4日にあたります


有名な仙台の七夕祭りもこのあたりに開催されているのも

うなづけます(2022年は8月6~8日)


8月初旬は気候が安定して晴れやすいです

夜空の星も光り輝きます


【旧暦の7/7に夜空を見上げましょう】


このように暦の関係でずれが生じることで

七夕の日は毎年、残念な空模様でした


今年はぜひ、8/4に夜空を眺めて

織姫と彦星の逢瀬を祝ってみてはいかがでしょうか




漢方について・食養生についてなどの情報を

YouTubeやLINEでも配信しておりますので

ぜひご登録よろしくお願い致します。



       

https://www.isshindo.jp/arch













NEW

  • 【漢方通信12月号】今年最後の頑張りを!(頭脳疲労・蓄積疲労に負けないために)

    query_builder 2022/12/01
  • レジリエンス~回復するための心~

    query_builder 2022/11/21
  • 【症例紹介】無月経

    query_builder 2022/11/12
  • 渡邉先生がラジオ出演決定!

    query_builder 2022/11/09
  • 【漢方通信11月号】寒暖差疲労

    query_builder 2022/11/02

CATEGORY

ARCHIVE