【下痢】体質改善が必要な理由

query_builder 2022/08/14
ブログ
geri

【急性の腹痛・下痢の相談】


漢方薬局によくある相談として

急な腹痛と下痢で来局され症状を止める

漢方薬をご希望されることがよくあります


そんな時はいわゆる「渋薬」をご用意

します


効果があるものですから、数日服用して

良くなればお腹の症状のことは気にならなくなり

そのうち忘れてしまいます



【その下痢はほんとうに一時的か】


しかし、問診していると「冷え性」「ストレス」

を抱えていたり「日常的に便が緩く」

「1日の排便回数が2-3回以上」であったり

その他にも体質的に様々な問題を抱えていて

急性症状を繰り返していることが多いです



下痢というのは、それだけで「津液」が流出し、

津液に内包されている気も一緒に流出してしまいます



これを放置してしまうと身体から

津液と気が下痢の度に失われてしまい

体力が衰えてしまいます



体力が衰えることで身体の固摂作用が弱まり

さらに下痢になるという悪循環になります



【体質改善の重要性】


ですから、「渋薬」はあくまでその場しのぎのお薬

としてとらえましょう


症状が落ち着いたら漢方の理論に立ちかえり

気や津液を補う治療をして体質を変えていく

ことが大切です




漢方について・食養生についてなどの情報を

YouTubeやLINEでも配信しておりますので

ぜひご登録よろしくお願い致します。



       

https://www.isshindo.jp/arch

















NEW

  • 【漢方通信6月号】冷飲料やクーラ―冷風での下痢、気象病で頭痛続く…

    query_builder 2024/06/01
  • 【漢方通信5月号】体調不調の4・5月、寒暖差がありすぎて…

    query_builder 2024/05/01
  • 【漢方通信4月号】ダイエットの漢方、ホントを知りたいあなたに…

    query_builder 2024/04/01
  • 【漢方通信3月号】花粉症の漢方/鼻水、鼻詰まり、副鼻腔炎、目の不調

    query_builder 2024/03/03
  • 【漢方通信2月号】花粉症の季節、目や鼻の不調

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE