【漢方通信5月号】体調不調の4・5月、寒暖差がありすぎて…

query_builder 2024/05/01
ブログ
女性3


 本年、暖かな春が予想され、サクラの開花予想は3月中でしたが、実際の開花は4月にずれ込みました。これは、「高気温の 日が続き、その後、例年並かそれ以下の気温の日も目立った」という不安定な気候により起きました。気候変化に耐えられず、 体調を崩してしまうかたも、多くあります。


体調不良のかたは、「とても疲れた」の訴えとともに、多くは「身体がだるい」とおっしゃいます。「元気がない」の訴えな ら、生薬・ニンジン(薬用人参)の使用を考えます。


しかし「身体がだるい(重怠い)」の訴えをともなうのなら、それを早期 改善する生薬グループを選びます。 「身体が重怠い」の訴えは、梅雨から盛夏に多くなります。湿度の高さが、原因と捉えます。


弱ったかたは特に、高湿度下 で身体が重いと感じがち、行動するのがおっくうになります。頭に重りを乗せられているような感覚が続き、「慢性 頭痛(気 象病と呼ばれる不調)」に悪化することもあります。

不調緩和のため、利湿薬である「ハンゲ(半夏)・ビャクジュツ(白朮)」 を選び、治療をします。


「疲れている」と感じ、「身体が重怠い(おもだるい)」という体調不良が重なれば、一心堂薬局では、二陳湯(にちんとう) を基本とした漢方薬を選び、早期の体調改善を目指します。


「食欲がない」という基本状況なら、二陳湯(にちんとう)や、六君子湯(りっくんしとう/二陳湯+補気薬基本処方の四 君子湯)を用いて、早期改善を目指します。


さらに「めまい(回転性)」をともなうときは、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)を用いて、早期治療を目 指します。半夏白朮天麻湯には、二陳湯と共通生薬が4種含まれています。


また、「感情の高ぶり(疲れたとき、怒りやすくなる)」をともなうときは、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはん げ)を用いて、早期改善を目指します。このときには、「身体の揺れ・手足の震え」が日常生活の中で出やすくなっています。

抑肝散加陳皮半夏にも、二陳湯との共通生薬が4種含まれています。


前記4種の漢方薬は、前提として「疲れている」「身体が重怠い」の症状を訴えるかたに用いています。煎じ薬(生薬類を一 定時間水で煮て、煎液だけを服用)であれば温かいうちに、エキス剤・錠剤であれば40℃程のお湯での服用を、お勧めしま す。



早期治療のためには、服薬だけではなく、生活習慣の改善も心がけてください。「早寝・早起き」「一定時間の歩行(散歩)」 「目を酷使をしない」などです。これは、血流改善を促し、停滞物を排除するのに役立つ生活養生です(血虚を防ぐ生活養生)。


梅雨から盛夏にかけての食欲不振は、暑さによる疲労感とともに、「高湿度」から起きています。夏の滋養強壮薬としてお 勧めしたいのが、六君子湯(りっくんしとう)です。除湿のための二陳湯と、補気基本薬である四君子湯が配合されています。


予想される酷暑を健康に乗り切るため、一心堂薬局各店に足をお運びいただき、ご相談ください。


漢方について・食養生についてなどの情報をYouTubeやLINEでも配信しておりますので、ぜひご登録よろしくお願い致します。



NEW

  • 【漢方通信6月号】冷飲料やクーラ―冷風での下痢、気象病で頭痛続く…

    query_builder 2024/06/01
  • 【漢方通信5月号】体調不調の4・5月、寒暖差がありすぎて…

    query_builder 2024/05/01
  • 【漢方通信4月号】ダイエットの漢方、ホントを知りたいあなたに…

    query_builder 2024/04/01
  • 【漢方通信3月号】花粉症の漢方/鼻水、鼻詰まり、副鼻腔炎、目の不調

    query_builder 2024/03/03
  • 【漢方通信2月号】花粉症の季節、目や鼻の不調

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE